笑う女の人

基礎化粧品で肌をケアして守ろう|40代から始める正しいスキンケア

肌の老化を防ぐスキンケア

目を閉じる女の人

肌が衰える理由

基礎化粧品とは、メイクアップをする化粧品ではなく肌のケアをするための化粧品のことです。基礎化粧品には主にメイクや日焼け止めを落とすクレンジング、皮脂の汚れやホコリを取り除く洗顔料、保湿成分を補うために肌を整える化粧水、保湿する美容液があります。肌の変化や衰えが著しくなる40代からの基礎化粧品選びは大変重要になります。40代から肌が衰える理由の一つが、女性ホルモンであるエストロゲンの減少です。エストロゲンは水分を保持し肌の潤いを保ち、コラーゲンに作用し肌のハリや弾力を作る働きがあります。しかし、これが40代になると急激に減少するため肌に潤いがなくなり、シワ、シミ、たるみができたり乾燥したりするのです。

肌の衰えを防止する化粧品

逆に言えば、エストロゲンの働きをしてくれる成分を持った基礎化粧品を使うことで肌の衰えを防止すればよいのです。水分を保持する働きをする成分セラミドが配合されている化粧品や保湿に必要なコラーゲンを生成するビタミンCを多く含む化粧品を選ぶと良いのです。セラミドやビタミンCはアンチエイジングに強く働くため、これらを多く含む美容液や乳液を使用し角質層にしみこませることで効果を得られるのです。また、コラーゲンの生成にはレチノールやプラセンタも有効ですので、これらの成分が入った化粧品を選ぶとさらなる効果が期待できます。注意すべきことは同じ40代でも肌の質や置かれている環境が違うため肌の状態は異なります。自分の肌を理解し、自分に合った基礎化粧品を選ぶことが重要です。